各保険の基準とは何か

さて、交通事故の被害者になってしまった場合には、どちらにせよ慰謝料や損害賠償などを請求することができます。ここで、交通事故における慰謝料にも基準があることを知っておく必要があるでしょう。まずは、車を購入したり、レンタカーを利用する場合などにおいては、自賠責保険に必ず加入しなければいけません。これは、強制加入で、もしも交通事故を起こしてしまった場合でも最低限の補償が設定されています。

次に運転する場合に加入しておこうと考える人も多い任意保険です。強制的な加入ではありませんが、この保険は先に述べた自賠責保険を補うものですので、加入することをおすすめします。

そして、裁判所が用いる弁護士基準と呼ばれている慰謝料の算定基準があります。保証について低い基準でしか取り扱わない自賠責保険や、任意保険などに比べると、保険金の額も非常に高く、また裁判で、公正に判断されている基準値になります。このことからも分かるように、ただ闇雲に保険会社任せにしていると慰謝料の額が全く違ってくることが理解できるでしょう。実は、ここが重要なポイントです。

通院費なども含めて考えた場合でも弁護士を介して話し合いが進められれば、慰謝料がおよそ2倍から3倍と増額すると言われています。それは、交通事故などの裁判での判例をもとに交通事故処理委員会が公表している「民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準」と「交通事故損害額算定基準」が慰謝料の基準となり裁判所ではこれを元に算出しているからなのです。