慰謝料アップのコツ

全国には、交通事故を専門にしている弁護士が大勢います。保険会社が提示してきた保証金の額に対して、納得ができずに弁護士に依頼するケースが多いと言われているからです。

それではどれくらいの差額があるのでしょう。保険会社から提示される一般的な治療費などの慰謝料が100万円だとします。この額には、通院したり、後遺症が残ってしまった場合の保証も含まれています。事故にあった際に身につけていた衣服などが全損しても全て含まれてしまいます。このまま保険会社の提示額を受け入れるのであれば、書類にサインして銀行口座に振り込まれるのを待つだけです。

しかし、社会復帰するまでに要する時間などを考えた場合に100万円では納得できずに受け入れられないと思うものです。この時点で弁護士に依頼します

実は加入している保険には、弁護士費用が0円になる特約がついているものもあります。これは着手金や報酬などを保険会社が負担するものです。過去の交通事故での判例をもとに算出された保証額の基準を参照するので、保険会社との交渉もスムーズに行われることが多いでしょう。

先ほどの100万円を弁護士が交渉した場合、慰謝料の額は約1000万円とおよそ10倍になることが多いです。このように明らかな増額が見込めるのであれば、やはり弁護士に交通事故被害の相談をするべきだと考えます。