交通事故にあった場合

決して他人事ではない交通事故ですが、もしも自分や家族がその被害者になってしまったらどうすればいいのでしょう。

交通事故は必ずしも車両などを運転していた方に非があるとは限りません。しかし、被害者がケガをしたり、後遺症が残るほどの大ケガで長期入院することもあるでしょう。また、車同士の衝突事故などで、車体が壊れてしまうこともあります。

交通事故の対処方法は様々あると考えるのが順当です。事故と同時に警察も介入して現場検証などを開始しますが、この段階で、お互いの免許証などが確認できたらすぐに、加害者も被害者も保険会社に連絡をいれましょう。目立つ外傷などがない場合でも病院で検査を受ける必要があるでしょう。もしかしたら、胸を強打していることもあれば、頭を打っている場合もあり、内出血など後から症状があらわれてくることもあります。診断書も書いてもらうことをおすすめします。

さて、交通事故を起こした場合に、加害者も被害者もお互いの非を認める訳にはいきませんので話し合いなどについても平行線ですし、険悪なムードになることも往々にしてありますので、話し合いなどは全て、保険会社を介して進める必要があるでしょう。

警察署での捜査が進められている最中でも、事故の内容を精査しながら今後のお金の話し合いがはじまります。通院費・入院費・慰謝料・示談金など個人で対処するのは、難しい内容ですので、自分の意見をしっかりと保険会社に伝えて相手方と交渉してもらうことが重要です。